2017年03月06日

でも真相は??

「ハーメルンの笛吹き男」と言う話、日本ではグリム童話として語られています。
グリム兄弟が作った話かと思いきや、「史実」を元にしているんですって。
今でもドイツではミステリーとして語られているそうです。 

ドイツのハーメルンに、ネズミが大発生しました。
村人達が困り果てていたところに、道化のような服装をした男が現れました。
男は「自分ならネズミを退治できますよ」と言いました。

村人達は男にネズミ退治を依頼することにしました。
男は自分が持っていた笛を吹き出すと、笛の音色につられて
村中のネズミが一斉でてきて、笛を吹く男の後についていきました。
川まで歩くと、ネズミ達は自ら川へ飛び込み始めました。

全てのネズミが川で溺れててしまい、村中のネズミは退治されました。

男が「報酬を」と言うと、村人達はこれを拒否しました。

男は激しく怒り「恐ろしい事が起こる」とだけ言って村を出て行ってしまいました。

そして6月26日、村人達もその事を忘れかけていた頃、男が村に戻ってきました。

男が笛を吹くと、村中の130人もの子供達がその音色につられて踊りだし、
男について行ってしまいました。そして、子供達はそれっきり帰ってきませんでした。

こんなお話です。
子供たちは十字軍に行った、伝染病にかかって追い出された、東の国に移住したなど
いろいろ説はあるようですが、真実は闇の中です。
街の子どもたちが消えた史実だけは、現実のものとして語られています。


中でも有望なのが、東の国に移住したという説。
当時、東ヨーロッパに向かって開拓者がどんどん移住していて、
 子どもは貴重な労働力だったので、ヨーロッパ各地で誘拐事件が多発していたそうです。

事件が発生した6月26日は、キリスト教のヨハネとパウロの祭日、ゲルマン民族の夏至祭りであり、
結婚式などで町中の大人達が教会などに集まっている事で、子供達への注意が怠っていて、
その隙をついて、大勢の子供達が労働力としてルーマニアに連れ去られたという説です。


実際、ルーマニアの中世の記録『キルヒャーの見聞録』には、
“突然、聞いた事もない言葉を話す子どもがたくさん現れた”と記されているとのこと。
現在もハーメルン市には、道端で笛を吹き鳴らしてはいけないという法律があるんだって。
でも、本当のところはどうだったのかな?とやっぱり思ってしまいます。
日本にも史実を元に作られた昔話ってあるのかなぁ?





tsu_tsu_kitoto at 14:54│Comments(0)TrackBack(0)legendary 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字